blank

Photo: WSL / JIMMY

現在も新型コロナウイルスの新規感染者数が増え続けているアメリカ。

4月終わりが新規感染者数増加の第一波ピークと思われたものの、その後は一時的な鎮火すら見せることなく再び増加の一途を辿っています。

サーフエリアとして人気の高いアメリカ西海岸のカリフォルニア州では、6月23日に一日の新規感染者数が最多となる7,149人をマークしたばかり。

このような事態を受け、ロサンゼルス郡では期間限定でビーチの再閉鎖を行うと発表されました。

今回の記事は、ロサンゼルス郡ビーチの再閉鎖に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


3月終わりにビーチが閉鎖され、5月中旬になってようやくビーチが再オープンしたロサンゼルス郡。

なのですが、再びビーチを閉鎖することが発表されました。内容については以下となります。

新型コロナウイルスの新規感染者数の増加により、今週末の7月3~6日は一時的にロサンゼルス郡のビーチを再閉鎖します。

本日だけでも3,000名近くの新規感染が判明しています。祝日となる週末には多くの人がビーチに集まるため、そのようなリスクを受け入れることはできないと判断しての決断となります。

7月4日(土曜)はアメリカの独立記念日であるための措置であり、独立記念日でお馴染みとなっている花火の打ち上げも今年は中止になるとのこと。

ロサンゼルス郡ではすでに合計感染者数が10万人を超えたことも、今回の決断を後押しすることになったことでしょう。

ビーチ閉鎖に伴い、ロサンゼルス郡の公衆衛生局長を務めるバーバラ・フェレールは以下の声明を発表しています。

我々はみな、新型コロナに対してもっと真剣に取り組むべきだし、住民やビジネスオーナーはその役割を担わなければならない。

ソーシャルディスタンス遵守やマスク着用は任意ではないし、住居を共にするもののみと一緒に過ごすようにというガイドラインも任意ではない。

我々が家族やコミュニティの住民など、お互いを守るために公衆衛生局が下した指令なのです。

最後に、6月28日時点までにおけるアメリカの感染者の合計数は264万人、死亡者数は12.8万人となっています。

-----

参照記事「L.A. County beaches will close Fourth of July weekend after coronavirus spike

新型コロナ関連の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事