現在、オーストラリアで土曜のお昼にチャンネル9で放送されているテレビ番組「RIVALS(ライバルズ)」。

アラフォー世代の元CT(チャンピオンシップツアー)サーファー11名が出場しているオンラインサーフィンコンテストという内容となっています。

同番組のエピソード6が公開されました。

今回の動画は、コフスハーバーのショーン・キャンスデル「Shaun Cansdell」(37歳)が主役となるエピソード6をお届けします。


スポンサーリンク


2006~2007年の2シーズンのみですがワールドツアーサーファーとして活動していたショーン。

当時はコンテストのみならず、テイラー・スティール監督作品にも出演したりと花形サーファーだったと言えるほどの活躍ぶりでした。

そんなショーンも現在は、シェイプをしたりローカルキッズのコーチをしたりと、大好きなサーフィンに関わり続けているというのはサーファーとしてはホッコリとさせられます。

元CTサーファーとは言っても、引退後にサーフ業界に残れるサーファーが多いとは言えない世界ですから。

さて、今回のライバルズにおいて、私はかつてコフスハーバーで暮らしていたことがあるのでショーンのパートはどのサーフスポットを選ぶのか楽しみでした。

ハードレフトのギャローズか、コンパクトながらファンウェイブなディガースか、はたまたオープンビーチなパークビーチなのかなど懐かしい記憶に想像を巡らせていました。

そしてショーンがライバルズのヒートの舞台として選んだサーフスポットはマラウェイビーチ。

いやいや、マラウェイはコフスハーバーから外れてるし…。

元を辿れば、ショーンはコフスハーバーが現在のホームなのだと思いますが、元々のホームはコフスハーバーの北側に位置する小さな町なのです。

そのため、幼い頃から慣れ親しんだ本当のホームブレイクを選んだのでしょう(笑)。

37歳と今回の出演者の中では若手に分類されるショーンがどのようなサーフィンを見せたのかチェックして見て下さい。

-----

RIVALS「投票ページ

ライバルズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事