ロンボク島デザート・ポイントとクリスチャン・フレッチャーとの繋がり

今では常識とも言えるエアリアルサーフィンの元祖と言われるクリスチャン・フレッチャー(44歳)。サーフィン界では、70年代後半から、ラリー・バ...

記事を読む

ポルトガルでのワールド・ジュニア・チャンピオンシップ開催中のフリーサーフ

メンズワールドツアーのリップカール・プロ・ポルトガル終了後、同じくポルトガルで開催されたASPワールド・ジュニア・チャンピオンシップ。優勝を...

記事を読む

ベサニー&アラナのケイキ・クラシックinカウアイ島

今年で2回目の開催となったベサニー・ハミルトンとアラナ・ブランチャードがホスト役を務めたカウアイ島でのケイキ・クラシック。ケイキ(Keiki...

記事を読む

NO IMAGE

骨折したケリーの現状&パイプマスターズに出場できるのか?

今週前半、急遽飛び込んできたケリー・スレーターに関するニュース。12度目のワールドタイトルを賭けたワールドツアーイベント最終戦を1か月後に控...

記事を読む

ホームブレイクのトレッスルズでフリーサーフ:パトリック&タナー・グダスカス

3兄弟揃ってバンズライダーで有名なグダスカス兄弟。3兄弟でのトリップといったフリーサーフィンの映像を目にしますが、最近では地元トレッスルズ(...

記事を読む

メンタワイ諸島のアウェラ・アイランドでのサーフキャンプ

サーファーならば一度は行ってみたいプレイグランドのメンタワイ諸島。ハードなサーフスポットから、中級レベルのサーファーでも楽しめるソフトな波と...

記事を読む

メルセデス・ベンツ社とギャレット・マクナマラのコラボボード第二弾

ビッグウェイブサーフィンの世界で、78フィートの波に乗った事でギネス記録に認定されているギャレット・マクナマラ。そのギャレットが、前回に引き...

記事を読む

急激にホレ上がるウェッジな波でのフリーサーフ:カイ・オットン

ワールドツアー最終戦を前にして、現ツアーランク18位のカイ・オットン。トップ22までが、翌シーズンへのワールドツアー残留資格を得るので、ボー...

記事を読む

2014/2015シーズンの「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」招待選手リスト

今年で30周年となる招待制ビッグウェイブイベント「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」。通称エディイベン...

記事を読む

ちょっとした遊びのつもりが気付いたらサメに取り囲まれることに

2014年11月1日、オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州の州都パースからほど近いロットネスト島の東沖合に、ザトウクジラの死骸が...

記事を読む

アンディ・アイアンズ最終作「High 5」の出演セクション

毎年11月2日になると、サーフィン業界のSNSでは必ず目にする人物の名前があります。それが、3×ワールドチャンピオンの故アンディ・アイアンズ...

記事を読む

レールサーフィンの真骨頂:ピーター・メンディア

フロリダで育ったビラボンライダーのピーター・メンディア。30代後半のピーターは、フリーサーファーに転身してから、すでに15年のキャリアを誇り...

記事を読む

モザンビークでのフリーサーフ:ジョーディ・スミス

トラベル続きの生活を送るジョーディ・スミス。ワールドツアーで世界を駆け回るのはもちろんのこと、撮影トリップなどと慌ただしい日々が続きます。そ...

記事を読む

スキムボードでの水面滑走最長記録!?オースティン・キーン

ビーチを全速力で走ってスピードを付け、水面に達したらその勢いをキープしたままボードに飛び乗り、ショアブレイクの波でアクションするスキムボード...

記事を読む

オニールライダーによる東海岸ハリケーンスウェルハント

アメリカ東海岸に位置するフロリダ出身のコリー・ロペス。ロストサーフボードのライダーであり、トレッスルズなどでのサーフ映像がネットでは頻繁にア...

記事を読む

フランス&ポルトガルでのフリーサーフィン:ジェレミー・フローレス

実に8年もワールドツアー生活を送り、若くしてツアー経験豊富なジェレミー・フローレス(26歳)。しかし、今シーズンはかなりの苦境に立たされてい...

記事を読む

LastNameFirstによるパイプライン/バックドアの昨シーズンセッション

冬になると、ビッグスウェルの押し寄せるシーズンを迎えるハワイ。冬にビッグスウェルが到来する理由は、日本に寒波をもたらす勢力の強い冬型低気圧に...

記事を読む

ソロショット映像を含むフリーサーフ:ブレット・バーリー

米国ノースカロライナ州出身でオニールライダーのブレット・バーリー(24歳)。10代の頃は、コンテストに参戦していたのですが、なかなか成功をお...

記事を読む

サーフィンや観光と魅力詰まったケープタウンを空撮するとサメの姿も

手軽な価格で道具を揃えられることから、プロのフォトグラファーのみならず、一般レベルにまで浸透するようになったドローン撮影(ラジコンヘリを使っ...

記事を読む

ビッグウェイブサーファーによるベストライディング集

文字通り、命懸けでチャレンジするビッグウェイブサーフィン。これまでも、素晴らしいセッションの映像をお届けしましたが、今回は世界中でビッグウェ...

記事を読む