先日、サーフランチで開催されたWSL(ワールドサーフリーグ)カウントダウンではココ・ホーとのタッグを組み、見事優勝を果たしたフィリペ・トレド「Filipe Toledo」(25歳)。

そのフィリペが自身のYoutubeチャンネルからは約半年振りとなる動画を公開。

今回の動画は、フィリペ・トレドによる過去数年のコンテストとフリーサーフィンの映像をお届けします。


スポンサーリンク


かつては小波最強サーファーと揶揄されていたものの、レールゲームを強化したことで南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)で優勝したりと成長を見せているフィリペ。

レールゲームを強化し、さらには今回の動画にも収録されているJベイでのダブルアーリーウープはフィリペの存在感を際立たせましたね。

あのダブルアーリーウープは、オフショアというエアリアルサーファーにとっては好ましくないコンディションでメイクしたのですから。

動画の見所としては、フィリペが苦手なヘビーウォーターとして知られるタヒチのチョープーのシーンも。

ここ数年はチョープーイベント前にはチョープーでトレーニングに励んでいるフィリペ。

見据えている目標がワールドチャンピオンだからこそ、苦手分野を潰していきたい気持ちの表れでしょう。

動画全体として、やはりエアリアルが半端じゃないというイメージが強いのですが、基本的にはオールコンディションでのフィリペのサーフィンを再確認できる内容となっています。

最後に、細かい点かもしれませんが、フィリペの動画タイトルは今回のよう、一単語であっても1文字ずつの間にスペースを空けているものがあります。

これって何らかの意図があっての事なのでしょうか!?とても不思議に感じてしまいます。

フィリペ・トレドの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事