人工照明を使い夜間のサーフィンも可能となっているウェイブガーデン社の造波装置「ザ・コーヴ」搭載のウェイブプール。

そんなウェイブプールの一つが、オーストラリアVIC(ビクトリア)州メルボルンに位置するアーバンサーフ。

今年1月にオープンしたばかりのオーストラリアで初となるモダンウェイブプールです。

今回の動画は、アーバンサーフでのナイトサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今年オープンしたものの、新型コロナの影響で2度に渡って営業停止となったアーバンサーフ。

でしたが、南半球ということで真夏のシーズン入りした現在は再び営業を再開しているそうです。

動画に出演しているのはオーストラリアのトップレベルのフリーサーファーたちで以下の通り。

*ノア・ディーン

*クリード・マクタガート

*ショーン・マナーズ

ノアに関してはオーストラリアという枠にとらわれず、世界トップレベルのフリーサーファーですね。

動画で興味深い点は、撮影自体は今月12月に行われたとのことですが、夜間であると言っても寒さに強いオージーサーファーがフルスーツを着用している点。

そこでメルボルンの12月における月間の平均最低気温を調べるとわずか14度。

東京であれば真夏の平均最低気温は20度を超えるので、メルボルンは日常生活の気温としては快適であるけれど、サーフィンするには少し寒いことが分かりますね。

アーバンサーフの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事