サーフィン大国オーストラリアで若手の頃からエリートサーファーとして育ってきたジャック・フリーストーン「Jack Freestone」(29歳)。

2000年以降は唯一の存在となる2×ワールドジュニアチャンピオンの称号を獲得しているほどですから。

ちなみに、ジャック以前で2度ジュニアタイトルを獲得したのは、1999年と2001年に獲得したパーコこと、ジョエル・パーキンソンですね。

今回の動画は、ジャック・フリーストーンのCT(チャンピオンシップツアー)に関するドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


2×ワールドジュニアチャンピオンという偉業を達成し、フリーサーフィンサイドではカイ・ネヴィル監督作の常連とエリートサーファー街道をひた走ってきたジャック。

なのですが、簡単にCT入りとは行かず、2011~2014年シーズンまでの4年間は結果が出せず、ついに努力が実を結んだのは2015年でQSランク2位となってCTクオリファイを決めました。

でしたが、なかなかワールドツアーでは思い通りの結果を出せず、ルーキーイヤーとなった2016年はCTランク31位となることに。

CTランクとしてはツアー脱落となる成績でしたが、QSランクでは10位となってリクオリファイを確定。

なのでしたが、翌年2017年もCTランク30位でツアー落ちすることに。ちなみに、この年の12月にアラナ・ブランチャードとの間の第一子となるバンクスが誕生しています。

2018年は再びのQS生活となり、QSランク13位となって即座にツアー返り咲きを決めて迎えた2019年シーズン。

2019年においてジャックにとって分岐点となったのは、チョープーイベントでケリー・スレーターを破ったヒートで、この勝利により自信が持てるようになったとか。

そしてチョープー以降のイベントで3位や5位といった好成績を残してCTランク14位となり、ついにCTランクでの初となるツアー残留を決めました。

そんなジャックの2019年の様子、そして今季2021年初戦となったパイプマスターズでの動向を収録した今回の動画。

いわゆる天才的サーファーと言われながらもがいていたジャックのキャリアは必見であり、「自分自身を信用できないと誰からも信用してもらえない」というセリフは胸に刺さります。

ジャック・フリーストーンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事