「 フリーサーフ 」一覧

42歳にして輝き続けるケリー世代のサーフスター:テイラー・ノックス

スポーツの世界において、40代になっても第一線で活躍し続ける人物は数少ないと思います。特に、サーフィンの世界は体力のみならず、ここ最近のレベ...

記事を読む

2013年の軌跡:マキシム・フスノット

レユニオン島出身のマキシム・フスノット(21歳)。今回は、前回のマット・バンティング同様、マキシムが世界中を旅しながら各地で撮影されたサーフ...

記事を読む

永遠のサーフヒーロー:アンディ・アイアンズ

サーファーなら誰もが知っていて憧れたはずのアンディ・アイアンズ。ハワイのカウアイ島出身のアンディは、3度もワールドチャンピオンに輝き、さらな...

記事を読む

モダンサーフィンの水準はいかに!?

今回の動画は、世界トップサーファーによる2013年のベストライディングをサーフィン・マガジン誌がまとめたものとなります。ベストを集めただけあ...

記事を読む

テトラポッドと波とサーファー

今回の映像は、モロッコの軍が管理する港近くで、テトラポッドの真横でブレイクするチューブです。現在は、防波堤の拡張により消失したようです。なん...

記事を読む

2013年の軌跡:マット・バンティング

オージーサーファーとしてクイックシルバー期待の若手であるマット・バンティング(19歳)。世界中のサーフメディアから、マットがワールドツアー入...

記事を読む

オールハワイアンによるバックドア&パイプラインでのバレルタイム2

オールハワイアンによるバックドア&パイプラインでのバレルタイムに引き続いての第二段となります。 圧巻なのはやはり、2:03~の...

記事を読む

リップカールライダーによる迫力セッション

テイラー・クラーク、ガブリエル・メディナ、マット・ウィルキンソン、ディロン・ペリロ、オーウェン・ライトといった、リップカールのトップライダー...

記事を読む

オールハワイアンによるバックドア&パイプラインでのバレルタイム

ウインターシーズン真っ只中を迎えるオアフ島ノースショア。ビッグスウェルが入れば、ローカルがラインナップに集まり、素晴らしいライディング映像が...

記事を読む

居残りトレーニングinハワイ:ジュリアン・ウィルソン

ロングボーダーであったキッズの頃に学んだレールワークから繰り出すボトムターンでの溜めから、2013年度ワールドツアー ハイライト3で見せたア...

記事を読む

メインストリームから外れても高い人気を誇るデーン

すでにワールドツアーから離れてしばらく経つけれど、未だにサーフィン界でアイコンのデーン・レイノルズ(28歳)。おそらく、若いサーファーのみの...

記事を読む

フリーサーフィンinヨーロッパ:ジョンジョン・フローレンス

ワールドツアーでの活躍だけにとどまらず、エアーコンテストでも異彩を放つジョン”ジョンジョン”フローレンス。そのため、非常に人気が高く、ツアー...

記事を読む

日本人の両親を持ちながらカリフォルニア在住の注目ヤングガン:五十嵐カノア

サーファーであれば知っている方も多いはずの五十嵐カノア君(16歳)。両親は日本人でありながら、カリフォルニアのハンティントンビーチでサーフィ...

記事を読む

究極のスイッチスタンス:ジェイミー・オブライエン

地元パイプラインでのチューブライドについては、誰もが認める存在であるフリーサーファーのJOBことジェイミー・オブライエン(30歳)。普段はコ...

記事を読む

サーフスタイル:マット・メオラ

マウイ島出身フリーサーファーのマット・メオラ。以前に紹介したアルビー・レイヤーとは旧知の仲で、お互いにプッシュし合っています。ネット動画「T...

記事を読む

世界最高峰エアリアルサーファー:チッパ・ウィルソン

オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州カバリタ出身フリーサーファーのクリストファー”チッパ”ウィルソン。メイクするエアリアルの難易...

記事を読む

メイソン・ホー&ケオニ・ノザキによるデザートポイントアタック

インドネシアのロンボク島西端に位置し、世界最長最速レフトハンダーと呼ばれるデザート・ポイントで幾度となくバレルに包まれるメイソン&ケ...

記事を読む

サーフスタイル:アルビー・レイヤー

マウイ島出身で若手フリーサーファーのアルビー・レイヤー(22歳)をクローズアップした動画をお届けします。 アルビーの名を一躍サーフィン...

記事を読む