blank

via 9News's twitter

2020年5月22日(金曜)、オーストラリア南東部にはウインターシーズンらしいビッグサイズの南スウェルがヒット。

各地で様々なビッグセッションが繰り広げられたでしょうが、シドニー北部のアバロンビーチには11×チャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(48歳)が登場。

ケリーの登場は、オーストラリアのテレビ局のニュースになるほどでしたがその内容が…。

今回の記事は、サーフボードが折れただけでテレビに取り上げられた!?ケリー・スレーターに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


すでにお届けした通り、世界的なロックダウン中にオーストラリアでの滞在を選んだケリー。

前回ケリーをフィーチャーした時はQLD(クイーンズランド)州ゴールドコーストにいましたが、今回の舞台となっているのはNSW(ニューサウスウェールズ)州。

この時期に州を跨いでの移動が可能なのか少し気になり、NSW州政府サイトのトラベル制限を確認すると、ホリデー目的でのNSW州訪問(他州から)もしくはNSW州内のエリア移動は6月1日まで認められていないようです。

プロサーファーのケリーはサーフィンが仕事であり、ビジネス目的での訪問となるので上記制限は対象外でしょうが不思議な感じも…。

何はともあれ、炸裂した金曜日にケリーが波に乗っている様子をオーストラリアの波情報サイト「Coastalwatch」のウェブカメラが捉えていました。

ビッグサイズとなったコンディションを存分に堪能していることが分かる上記動画。

ですが、これほどのサイズになると波のパワーは凄まじく、この日のケリーはサーフボードを2本折ったそうです…。

そして一本折って海から上がってきた時の様子が「9News」と言うテレビ放送局のニュースとなったのです。

内容としては、サーフィン中にサーフボードを折ってしまい、折れた板をキッズにプレゼントしたというもの。

世界トップレベルのプロサーファーであれば珍しくない行為でしょうが、これだけでニュースになるとはケリー・スレーターという存在の偉大さを象徴しているのではないでしょうか。

「サーフィンの神」やらサーフィン界の「GOAT(Greatest of All Time)」と呼ばれるだけありますね。

-----

参照記事「"Had To Pay My Dues": Slater Takes On Massive Australian Surf

ケリー・スレーターの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事